top of page

ラノベ『世界樹 -妖精さんを仲間にするには?-』もくじ


世界樹 -妖精さんを仲間にするには?-
キャラデザイン:天(ソラ)さん

自著のライトノベル『世界樹 -妖精さんを仲間にするには?-』のもくじページです♪

ここを基点として読んでいってください^^

ついにキャラデザがついたぞーーーーー!!!!

登場人物がイメージしやすくなり、読みやすくなったと思います(^_-)-☆

キャラデザインの天(ソラ)さん、本当にどうもありがとうございます!!!(*◕ᴗ◕*)


サブキャラもゆっくりとお目見えしていくかもしれません♪

読み終わった後も、ちょくちょく遊びに来てくださいね(*'▽')



第1章 仲間とは





第2章 馬車は行く






第3章 魂の巡礼





第4章 世界樹を目指しなさい








おしまい♪

次のラノベも、実は完成間近です(^_-)-☆



最新記事

すべて表示

エピソード158『世界樹 -妖精さんを仲間にするには?-』

エピソード158 ドラゴンの姿のキキは世界樹の残骸の上にふわりと降り立った。 3人と馬をそっと地面に降ろす。 そしてすぐに10歳の少女の姿に戻った。 キ「ふぅ!みんなお疲れさん♪」 な「キキちゃぁーーーん!怖かったよぉぉ!!」 ななはキキに飛びついた。 キ「よしよし。よくやったねぇ」キキはななを優しく抱きしめ労った。 ゆ「キキちゃん強すぎ!」ゆなもキキを抱きしめる。 キ「へっへーん♪ だから言った

エピソード157『世界樹 -妖精さんを仲間にするには?-』

エピソード157 キキはジロっとエビルプリーストを睨みつけた。 キ「最後はみんなで戦いたいの。協力してくれる?」 3人は力強くうなずく。 キキの背後には、さっきの天使たちが光の粒の姿となってキラキラと輝いた。 キキは両手を構えて魔力を集中させる。 キ「山よ、海よ、花よ、宇宙の無数の精霊たち。そして新たな天使の友人たち。 精霊ルビスの御名の元、今こそ我に力を与(くみ)し賜え。 ただただ不届きものを滅

エピソード156『世界樹 -妖精さんを仲間にするには?-』

エピソード156 エ「くっくっく。 我れ自体が、より大いなる目的のための時間稼ぎだとしたら・・・? 貴様がここに居るということは、世界各地に救世主はいない」 エビルプリーストは飛び立っていった手下たちを見上げた。 キ「はっ!そうだったわ! ゆな!さっきの《バギマ》で枝を切り落とす名案をもっとやって! アミンやななも出来るだけ枝を切り落として!」 そう指示を出すと、再び肉弾戦でエビルプリーストに向か

Comments


bottom of page